アイキャッチ スポーツ外傷2

症状別の紹介

スポーツ外傷治療

スポーツ外傷とはスポーツにより起こった一回の外力により運動器が骨折、捻挫、打撲、肉離れなどの損傷をしてしまう事を言います。
部活などでスポーツにかかわることの多い10代では身体が成長の途中にあるため大人とは異なった症状や状態で損傷してしまいます。
例えば骨折の場合骨にまだ柔軟性があるため潰れたように折れてしまったり(竹節状骨折)ボキッと折れるのではなく曲がったように折れてしまう(若木骨折)など特徴があります。

また、治癒過程でも治す速度が速いため変形したままくっついてしまったり、過剰に骨が出来上がってしまうなどがあります。
当院では国家資格を取得した治療師が専門の知識と技術で施術をいたしますので安心してご来院ください。
ケガによって好きなスポーツをできなくなることがないよう、さらにパフォーマンスを向上させるためにはケガをしない予防が大切です。
疲労や繰り返し起こる小さな外力によってケガをしやすくなる場合が多くあるため、アップの仕方、クールダウン、自宅でできるケア方法などもお教えいたします。
またテーピングを使用することによって筋肉の働きを助けたり、アライメントの調整をすることもできるのでおすすめです。

スポーツ外傷治療

 

スポーツ外傷治療2

アレーズ電話5

アレーズメール16

アレーズ情報16

 

 

人気記事

-症状別の紹介
-,

© 2021 アレーズ整骨院鍼灸院